野口英世のふるさと

野口英世は明治9(1876)年11 月9 日、猪苗代町で農
家の長男として生まれました。町内には英世ゆかり
の地が多く残されています。世界に飛び立つ前、英
世は猪苗代で素養と知識を育みました。ノーベル賞
候補として、世界の医学者となった英世は、大正4
年(1915)両親や恩師、友人らの待つ故郷の土を踏みました。