つのまき・ひしまき

五月の節句につくられてきました。つのまきは米粉に蓬を混ぜてこね、小豆餡を詰めて俵状にし、笹の葉で包み、すげで結び茹でてつくるものです。ひしまきとは粽のことでもち米を水に浸し吸水させ、笹の葉を2枚組合せ、じょうご状にした中に入れ、菱形に包んでスゲで結え、きな粉をつけて食べます。