歴史

神社、仏閣

「小平潟天満宮」は、日本三大天満宮のひとつに数えられ、室町末期に現在の和歌の基礎を作った猪苗代兼載にゆかりがあります。明治の初期に和算家が自己の作った数学の問題や解答を書いて奉納した「算額」は、数学的、美術的にも高い価値があります。また、「関脇優婆夷堂」は、地元では「おんばさま」といわれ、安産と産後の安穏を祈って参詣されています。