伝統芸能

「西久保彼岸獅子舞」は、毎年春の彼岸に住民の無事息災と仏の供養を祈念して寺社に奉納されています。舞は門外不出で、村内居住の長男のみに継承され、現在は西久保彼岸獅子保存会によって管理運営されています<猪苗代町指定重要無形民俗文化財>