猪苗代そば

豊かな自然、澄んだ空気、清らかな水という土地条件と寒暖差のある気候が相まって、猪苗代が産出するそばの品質と産出量は本州でも有数です。平成10年、猪苗代町は「蕎麦の里宣言」を行い、おいしい蕎麦を全国にPRするため努力をしています。猪苗代名物、祝言そばや五段のそばなどぜひご賞味下さい!

つのまき・ひしまき

五月の節句につくられてきました。つのまきは米粉に蓬を混ぜてこね、小豆餡を詰めて俵状にし、笹の葉で包み、すげで結び茹でてつくるものです。ひしまきとは粽のことでもち米を水に浸し吸水させ、笹の葉を2枚組合せ、じょうご状にした中に入れ、菱形に包んでスゲで結え、きな粉をつけて食べます。

こづゆ

「こづゆ」は、多くの山の幸と海の幸とを取合せた実沢山の汁煮物で、薄味です。古くから婚礼や仏事、祝日などに必ず添えられてきたおもてなし料理です。

ざくざく

猪苗代の「ざくざく」は、大根、里芋、にんじん、こんにゃくに、磐梯山でとれる根曲がり竹の子が入ります。鰊や新巻きを入れます。主に大晦日や節分に食べられます。